主催校メッセージ

   関係者の皆様方におかれましては依然感染予防対策への注意が欠かせない日々をお過ごしのこととご推察申し上げます。是非とも引き続きご自愛の上お過ごし願います。

   さて,錯体化学会第72回討論会の開催準備を実行委員一同,鋭意進めております。現時点では,来秋9月下旬には感染症への懸念も著しく低減し,対面による討論会の開催が実に3年ぶりに実現することを大いに期待し,準備を進めております。対面ではなくやはりオンラインでの開催を望まれる方が依然おいでになることから,対面式とオンライン形式のハイブリッドにて実施することも念頭に置き,準備を進めております。初日二日目の会議を九大伊都キャンパスにて実施し,最終日を福岡国際会議上にて実施する予定です。福岡国際会議場の1000名ホールでは既に収容人数のコロナ規制を解除しての利用が開始されております。懇親会会場(ホテルオークラ福岡)では,コロナ禍で着座形式のパーティーを提供してくださるようです。感染対策に配慮してオークラスタッフを通常より多数動員しての会食であることから,例年より会費が高めの設定となりますが,ご満足いただける会食をご提供できると確信しておりますので,是非とも多くの皆様がご参加下さることを期待いたしております。

   依然不確定な要素がありますが,是非とも久々の会合を福岡の地で開催し,皆様方に有益かつ楽しい交流の場を提供したいと考えております。奮ってご参加下さい。

実行委員長 酒井 健

GALLERY

各種締切等

各種締切等

発表申込・予稿原稿締切締切:7月15日(金)〔必着〕
参加登録・懇親会予約申込締切:7月29日(金)
参加登録費振込期限 (郵便振替・PayPalにて) : 8月3日(水)

※参加登録費は錯体化学会会員・日本化学会会員(学生)5,000円,錯体化学会会員・日本化学会会員(一般)7,000円(事前登録)とします。懇親会の会費は12,000円です。8月3日(水)以前のキャンセルに対してのみ参加登録費の返金を行います。
【注意】なお,上記日程は確定ではなく,延長・変更の可能性があります。
懇親会につきまして,6月中には参加者数の把握を目的とした事前予約にご協力いただくことをお願いする予定です。決まり次第こちらのウェブにて配信します。

討論主題

一般発表 (口頭およびポスター発表) : 討論主題

A:錯体の合成と性質
B:錯体の構造と電子状態
C:錯体の反応
D:有機金属錯体
E:生物無機化学
F:錯体の機能と応用

注意事項:一般講演は口頭(20分;討論を含む)またはポスターから選択してください。一般講演(口頭発表)は、博士課程学生・博士研究員・教職員については原則英語とします。修士課程の学生については、英語での発表を推奨しますが日本語での発表を選択することも可能です。

口頭発表数上限

外国人英語講演がない場合:  日本語講演のみの場合は3件、英語講演を含む場合は4件(日本語講演0件、英語講演4件でも可)。
外国人英語講演がある場合:  外国人英語講演1件+日本語講演3件の計4件、または外国人英語講演1件 + 英語講演を含む4件の計5件。

なお、外国人英語講演が複数件ある場合も最大は5件です。不明の際には、実行委員会事務局にお問い合わせください。なお、申込件数により発表形式の変更および異なる討論主題の会場での発表をお願いする場合があります。その点あらかじめご了承下さい。

【注意】ポスター賞対象者は番号の偶数奇数に関わらずポスターセッションの全時間帯(2時間)を通して発表して下さい。

会場案内

  • 九大伊都キャンパス

    令和4年9月26・27日 (月・火)

    口頭講演・ポスター発表・展示会
    シンポジウム(9月26日)
    国際奨励賞受賞講演(9月27日)
    研究奨励賞受賞講演(9月27日)

  • 福岡国際会議場
    令和4年9月28日 (水)
    受賞講演 9:00-15:00
    学会賞・学術賞・貢献賞・国際賞
    総 会 15:00-16:30

  • ホテルオークラ福岡
    令和4年9月28日 (水)
    懇親会 17:00-19:00
    感染防止に配慮した着座形式
    完全予約制かつ全席事前指定(参加者の希望によって座席指定が可能となるよう検討中)

シンポジウム

討論会シンポジウム

シンポジウム主催者主題
山田泰之(名古屋大)、松本崇弘(九州大)、大洞光司(大阪大)Smart design of coordination compounds for innovative material transformations
細野暢彦(東京大)、中村貴志(筑波大数理物)Advanced Design of Functional Nanospaces for Molecular Recognition and Conversion
倉持悠輔(東京理科大)、山ア康臣(成蹊大)、中田明伸(京都大)New directions in the use of light and coordination compounds for CO2 reduction
森本祐麻(大阪大)、三澤 智世(上智大)Frontiers in Dinuclear/Multinuclear Metal Catalyst: Structure, Reactivity, Electronic State
村岡貴子(群馬大)、小宮成義 (東京慈恵会医科大)、板崎真澄(大阪市大)Precisely designed metal complex environment for new functions
小林厚志(北海道大)Solid-state reaction in coordination chemistry; new aspects beyond solution reaction
高石慎也(東北大)Frontiers of coordination chemistry toward hydrogen society
堀毛悟史(京都大)Functions and Properties of Hybrid Frameworks at the Crossover of Solid-State Chemistry and Coordination Chemistry

実行委員会委員

酒井 健(実行委員長)  九州大学大学院理学研究院 
※以下五十音順 
有川 康弘  長崎大学大学院工学研究科 
馬越 啓介  長崎大学大学院工学研究科 
大川原 徹  北九州工業高等専門学校 物質化学工学科 
大谷 亮  九州大学大学院理学研究院 
大場 正昭  九州大学大学院理学研究院 
小江 誠司  九州大学大学院工学研究院  
小澤 弘宜(事務局)  九州大学大学院理学研究院 
小野 利和  九州大学大学院工学研究院 
恩田 健  九州大学大学院理学研究院 
川田 知  福岡大学理学部 
君塚 信夫  九州大学大学院工学研究院 
鯉川 雅之  佐賀大学教育研究院 
作田 絵里  長崎大学大学院工学研究科 
佐藤 治  九州大学先導物質化学研究所
嶌越 恒  九州大学大学院工学研究院 
関根 良博  熊本大学大学院先端科学研究部 
長澤 五十六  福岡教育大学 教育学部 
速水 真也  熊本大学大学院先端科学研究部 
久枝 良雄  九州大学大学院工学研究院 
松本 崇弘  九州大学大学院工学研究院 
楊井 伸浩  九州大学大学院工学研究院 
山内 幸正(事務局)  九州大学大学院理学研究院 
山内 美穂  九州大学先導物質化学研究所
山田 泰教  佐賀大学理工学部 

問い合わせ

〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学理学研究院化学部門
討論会実行委員会 事務局

酒井 健(実行委員長)
小澤弘宜,山内幸正
担当秘書 内田茉莉



TEL 092-802-4169

Email secretary@sakuto72-kyudai.net

問い合わせ時間:9:00-17:00 (月ー金)

Copyright(c) Japan Society of Coordination Chemistry, Secretariat of the 72nd Annual Meeting, 2022. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com